2008年08月07日

スイス 〜写真編〜

慌しい日常から、切り取られた空間。

少しずつ、感動が蘇って来ています。

写真の整理をしていたら、載せたくなってしまいました。

自然の脅威や素晴らしさを、良かったら覗いて見てくださいねわーい(嬉しい顔)


朝 6時頃ツェルマットのホテル下から見たマッターホルン 

 雲がかかって。。。きました

こP1000630.jpg

こP1000632.jpg

こP1000635.jpg



四葉 Grindelwald  First グリンデルワルト フィルスト

グリンデルワルトの街中の肉屋で買った サンドイッチいろいろ。

峠で5つに切り分け、仲間といただく至福の時 四葉

こP1000680.jpg




 私 天空まで登って来ちゃったのかしら〜

 と思った。

 険しいアイガーが間近なのに、なんて静かで美しいのだろう。

こP1000692.jpg



うふふ。 毎晩のようにるんるん

こP1000736.jpg



Jungfraujoch ユングフラウヨッホ

グリンデルワルト右クライネ・シャイディック右

クライネシャイディックからは、右にユングフラウの氷河や

ミューレンの村を。

左にヴェッターホルンとグリンデルワルトを見ながらアルプを上る。


ユングフラウヨッホ駅(標高3573m)

外に出ると、一面の銀世界雪

 しかも、雲? 霧?で真白です。

今日は、何も見えないか。。。

一瞬 晴れると 素晴らしい風景が広がります。 感動ぴかぴか(新しい)

こP1000744.jpg


こP1000768.jpg


こP1000786.jpg



クライネシャイディック駅へ降りて、別行動の2人と待ち合わせ。

列車を降りると、私たちを見つけてくれていて、駆け寄ってくれた。

「お帰り〜 よく3人でここまで来れたわね揺れるハート

 とハグぴかぴか(新しい)


四葉クライネシャイディックの駅が見えてきた。美しい。

先ほどまでの、厳しい銀世界は夢か。。。

こP1000794.jpg



Grindelwald 宿泊先 ホテル アイガー

 私の寝ていたベッドの窓辺からの早朝の風景。

 私は ハイジかわいい

 
こP1000794.jpg 



スイスはチーズが本当に美味しいハートたち(複数ハート)

 種類も豊富で、持ち帰りたいexclamation×2

こP1000821.jpg
こP1000822.jpg

 

  アイガー ユングフラウヨッホの山々に別れを告げ、

 スイス最終の宿泊先へ。



Grindelwald 右 Luzern

途中の車窓から。湖を二つ見ながら。

こP1000831.jpg


こP1000834.jpg



Luzern ルッツルンの街は、都会でした。

バスはベンツ製。

現代と、中世がコラボしている街。

人々は、お洒落で何をしても絵になる。

私って、ちっさいなぁ。

ロイス川に沿って続くホテルやレストラン。

私達も、歴史あるレストランの2階テラスでランチ。


こP1000853.jpg


こP1000856.jpg


こP1000857.jpg


こP1000858.jpg


上からレシュティ&ソーセージ

Luzemer kugeli pasutete (パステーテしか読めない)

チーズフォンデュ

いずれも、有名な郷土料理だそう。


宿泊先の ☆☆☆☆デ・バランス

 映画の1シーンのように優雅な時間が流れます。

 ウェルカム ワインは美味しかった〜。

 お客様は、みなさんセレブ〜ぴかぴか(新しい)

 私たちは。。。うふふ




ホテル デ・バランスのフレスコ画

こP1000877.jpg


ウェルカム ドリンクを楽しみ、部屋に戻ると

 チョコレートが枕元にプレゼント

こP1000884.jpg



最後にロイス川にかかるカペル橋。

夢のように時間は過ぎ去るのでした。

サンママのプライベート旅行におつきあいくださり

ありがとうございました。

こP1000904.jpg




旅に連れ出してくれた、仲間たちハートたち(複数ハート)

ママの仕事を手分けして頑張ってくれた家族たちや、

行ってらっしゃいと送り出してくれた母、義母。

元気に待っていてくれたサンディ。

みんなに心から ぴかぴか(新しい)ありがとうぴかぴか(新しい)



さて、来年はどこに行こうかな   うしし。るんるん













ニックネーム サンディママ at 08:05| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする