2008年07月26日

サンママの旅 スイス〜犬との共生を考えさせられる旅〜

スイスインターナショナルエアラインでひとっ飛び飛行機

 とは言っても、13時間です。

成田左右チューリッヒ 直行便

こP1000394.jpg


フライレールバゲージ と言って、スイスエアライン利用者だけの

特権で、成田からチューリッヒ経由で2日目の宿泊先の

ツェルマット駅まで、荷物を送る事ができるのです。

ですから、スーツケースをガラガラ押すこともないわけですGood





電車 チューリッヒ駅  ワンコスルーOK

こP1000396.jpg



電車 チューリッヒ駅前の美術館と路面電車

こP1000409.jpg


カッコ良過ぎ〜ぴかぴか(新しい)

こP1000411.jpg



ワンコと人がとっても自然な感じです

こP1000459.jpg



氷河列車(クール→ツェルマット)食堂車で仲間と乾杯バー

こP1000460.jpg



ツェルマットへ



夕方6時の登山列車に飛び乗り スネガ展望台へ

晴れ 天気は快晴 マッターホルンと初対面です。

本当に素晴らしい。 (写真は夜の8時頃)

こP1000506.jpg



山は、短い夏まっさかり。

周りは一面のお花畑でした。

こP1000511.jpg

2時間半の間、マッターホルンと面談わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

  本当に 素晴らしいぴかぴか(新しい)



電車 ゴルナーグラード展望台へ

マッターホルンに乾杯バーバー

こP1000546.jpg


ゴルナーグラードから見る氷河です。

こP1000535.jpg


こP1000539.jpg


晴れ お天気に恵まれ、マッターホルンに見守られながら

夏の山をハイキングです。

雲が出ると、フリースが必要になります。

こP1000572.jpg


こP1000573.jpg


こP1000557.jpg


こP1000564.jpg



    〜 夢のように時が過ぎます 〜



JUNG FRAUJOCH

Top of EUROPE 標高3571メートルの雲上の駅です。


真っ暗な、岩山を掘り進んで100年以上も前に作った

登山電車の線路。

 ユングフラウヨッホ鉄道は、凄かった!!!


こんな高い、そして空気の薄い所へも、

家族の一員であるワンコと一緒に登って行くのです。

スイスの鉄道や船を利用して思う事は、

犬は、社会の一員でありみんな躾が行き届いているということ。

そして、電車も登山電車も、ロープウェイも。

人の半額の料金を払えば、リードオンで、そのまま乗れるのです。


調べたところでは、犬を家族に迎えてから最低でも

3週間は、トレーニングに出して共生できるワンコを

育てるのだそうです。

ですから、スイスのどんなに小さな街でも、

犬の水野み場や、ウン○ポストが、そこここに作られて

いるのを見つけることができます。


ケージに入れるでもなく、キャリーに入れるでもなく、

ごくごく自然に人と同じように静かに座席の間に座っているのを

見て、感激とともにわが身を振り返る事が出来たのでした。


社会の一員 と ペットとの違いを見せつけられた思いでした。


スイスの街や山で出会ったワンコ達の写真を載せて、

サンママの旅を終了します。


こP1000706.jpg


こP1000729.jpg


こP1000734.jpg


こP1000745.jpg


こP1000849.jpg


こP1000903.jpg



こP1000879.jpg


長い時間のお付き合いありがとございました^^


そして、スイスの大自然に癒されて

今日は、約3か月振りでサンディと散歩に行くことができました。


長い間の夢であった スイスの旅に出してくれた

パパを始め家族に心から感謝の思いです。


 ヨールレイッヒーるんるんるんるんるんるん by sunday mama


















ニックネーム サンディママ at 23:49| Comment(32) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする